マットレス選びの注意点とコスパ最強マットレス5選を紹介

コスパ抜群

 

この記事でわかること
  • マットレスの種類
  • マットレスの選び方
  • コスパ最強マットレス5選

私はなかなかの腰痛持ちで、色々なマットレスを試してきました。

しかし、いまだにこれ!というものに出会えてはいませんが、いろいろと試しているうちに

ちょっと詳しくなってきて、大きく外す事はなくなりました。

そこで私と同じくマットレス購入で悩んでいる方に向けてマットレスの選び方とオススメの高コスパマットレスを紹介します。

マットレスの選び方

マットレスを選ぶ際にはいくつかの重要なポイントがあります。以下に、マットレス選びのポイントを詳しく説明します。

体型や寝方に合わせたタイプを選ぼう

マットレスにはさまざまな種類があり、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス、高反発マットレス、低反発マットレスなどがあります。それぞれのマットレスの特徴をお伝えします。

ポケットコイルマットレス

構造

ポケットコイルマットレスは、小さな袋に一つずつ包まれたコイルを使用しています。コイルは独立しているため、体圧分散性が高く、柔らかめの寝心地です。

特徴

  • からだを「点」で支えるため、体圧が均等に分散されます。
  • ウエストラインのくびれにもフィットし、女性に好まれます。
  • 振動が伝わりにくく、隣りの人の眠りを邪魔しません。

メリット

  • 質の良い睡眠を得やすい。
  • 振動が伝わりにくい。

デメリット

  • 価格がボンネルコイルより高め。
  • 通気性が低いため、湿気対策が必要。

向いている人

  • 2人以上で寝る場合
  • 腰痛を持つ人
  • 肩こりに悩む人

ボンネルコイルマットレス

構造

ボンネルコイルは連結されたコイルを使用しています。コイル同士が一体化しており、硬めの寝心地です。

特徴

  • からだを「面」で支えるため、沈み過ぎずに寝られます。
  • 通気性に優れています。

メリット

  • 通気性が良く、カビが発生しにくい。
  • 比較的安価。

デメリット

  • 振動が伝わりやすい。
  • 体圧分散性はポケットコイルより低い。

向いている人

  • 大柄な人
  • 腰痛がある人
  • 通気性を重視する人
  • 硬めの寝心地を好む人

硬さ/やわらかさを考慮しよう

マットレス選びにおいては、硬さややわらかさも重要です。

首や腰など沈み込みやすい箇所のサポートを考慮して選びましょう。また自分の体型に合った硬さを選ぶことで、快適な睡眠をサポートしてくれます。

もちろん、自分の好みの硬さで選ぶのも大切ですが、マットレスの選び方において、硬さややわらかさを考慮する際にはいくつかのポイントがあります。以下に具体的なアドバイスをご紹介します。

硬さの調べ方と基準

  • マットレスの硬さは、ウレタンとコイルの場合で異なります。
  • ウレタンの場合は、反発力を表すニュートン(N)が硬さの指標です。
    例えば「100N」のように表記されています。
  • コイルの場合は、コイルの太さを表す線径(mm)が硬さの指標です。
    例えば「1.8mm」と記載されています1
  • 硬さの基準値(あくまで目安です)
    硬さ ウレタン コイル
    かなり硬い 270N 2.2mm
    硬い 200N 2.0mm
    やや硬い 170N 1.8mm
    ふつう 140N 1.6mm
    やや柔らかい 100N 1.4mm
    柔らかい 70N 1.2mm

体重、ケースごとの選び方

  • 体重やよっての硬さのめやす
    やわらかめ 50㎏未満
    普通 50㎏~80㎏
    硬め 80㎏以上
  • ケースごとに選ぶポイント
    腰痛対策 1段階硬め
    肩こり対策
    横向き寝
    1段階柔らかめ
    高齢者 1段階硬め
    子供 1段階〜2段階硬め
    うつぶせ寝 1段階柔らかめ(成人のみ)

その他選び方のポイント

    • 体のライン(凹凸)に注目しましょう。
    • 平坦な体型なら「硬め」、ハッキリした体型なら「やわらかめ」が合いやすいです。
    • やわらかいマットレスは、横向き寝や女性的な体型に適しています
    • 硬いマットレスは寝姿勢をサポートし、寝返りがしやすくなります。適度な硬さを保つことで理想的な寝姿勢を維持できます

耐久性と保証を確認しよう

マットレスは長期間使用するものなので、耐久性を考慮しましょう。使用期間とセットで考えることがポイントです。

耐久性のポイント

マットレスの耐久性を知るためには、以下の数値や要素を参考にすることが重要です。

  1. 密度 (Density)

    • マットレスの密度は、耐久性を示す重要な指標です。
    • 高い密度のマットレスは一般的に耐久性が高く、長持ちします。
    • ウレタンマットレスを選ぶ際には、密度が30D以上であることを目安にしましょう。
  2. 復元率 (Recovery Rate)

    • 復元率は、マットレスが元の形状に戻る能力を示します。
    • 高い復元率を持つマットレスは、長期間使用しても形状が変わりにくいです。
    • 復元率が90%以上であるマットレスは耐久性が高いと言えます。
  3. 素材と構造

    • マットレスの素材や構造も耐久性に影響を与えます。
    • 高反発ウレタンポケットコイルのマットレスは一般的に寿命が長いです。
    • また、厚みも耐久性に影響を与える要素です。厚み15cm以上のマットレスは耐久性が高いです。
  4. メーカーの品質

    • メーカーによっても耐久性が異なります。
    • 高品質なメーカーのマットレスは、耐久性が高いことが多いです。

保証のポイント

コスパ抜群のマットレス5選

前述したことを踏まえつつ、コスパの良い商品を5つ紹介します

エムリリー 優反発三つ折り8cm

  • 価格:32,980円
  • 特徴:コンパクトな三つ折りタイプで、体重に合わせて沈む2層構造。上層は独自素材の優反発、下層は高反発素材です。肩こり対策にも人気です。
  • スペック
    厚さ 約8cm
    硬さ やや柔らかめ
    種類 高反発ウレタン
    寿命目安 5~8年
    保証 3年品質保証

源ベッド 夜香ハイグレード

  • 価格: 30,900円
  • 特徴:日本製で耐久性が高く、やや硬めのポケットコイルマットレス。腰部分が硬めで、通気性も良いです。
  • スペック
    厚さ 約23cm
    硬さ やや硬め
    種類 ポケットコイル
    寿命目安 5~10年保証
    保証 3年品質保証

 

ニトリ NスリープC1-03EM

  • 価格: 24,990円
  • 特徴:このマットレスは、高さ160mmのポケットコイル1層構造で、適度な柔らかさを持つ波型ウレタンを使用しています。伸縮性の高いニット生地を表面に使用しており、清潔性にも配慮されています。
  • スペック
    厚さ 約22cm
    硬さ やや硬め
    種類 ポケットコイル
    寿命目安 5~10年
    保証 3年品質保証

エアツリー マットレス

  • 価格:19,800円
  • 特徴:コストパフォーマンスに優れた高反発ウレタンマットレス。折り畳める三つ折り仕様で、丸洗いも可能です。
  • スペック
    厚さ 約8cm
    硬さ 柔らかめ
    種類: 高反発ウレタン
    寿命目安 不明
    保証 90日返金保証

 

APトーマス310

    • 価格:17,050
    • 特徴:体圧をしっかりと分散し、底付きしにくい。ホルムアルデヒド0で安全性が高い。
    • スペック
      厚さ 約10cm
      硬さ やや硬め
      種類: 高反発ウレタンフォーム
      寿命目安 5~10年
      保証 3年品質保証

各マットレスの比較

マットレス名 価格 厚さ 硬さ 種類 寿命目安 保証
エムリリー 32,980円 約8cm やや柔らかめ 高反発ウレタン 5~8年 3年品質保証
源ベッド  30,900円 約23cm やや硬め ポケットコイル 5~10年 3年品質保証
ニトリ  29,900円 約22cm 柔らかめ 低反発ウレタン 5~8年 3年品質保証
エアツリー  19,800円 約8cm 柔らかめ 高反発ウレタン 不明 90日返金保証
APトーマス310 17,050円 約10cm やや硬め 高反発ウレタン 5~10年 3年品質保証

 

まとめ

以上でマットレスの選び方とオススメのマットレス紹介をおわります。

みなさんの少しでもみなさんの寝具選びの参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました